リユースとは

リユースとは

リサイクル、リデュースと並び3Rと称されるリユースですが、リユースはどういった環境のための方策なのでしょうか。リユースは英語で「再使用」を表し、すでに使用された製品を、そのまま再利用(または部分的に再利用)することです。このリユースは親戚間でのお下がりやフリーマーケット、バザー、廃品回収など、わたしたちの身の回りでもたびたび行われています。それは単純にまだ使えるものが無料、または安価で手に入ることと、不要なものを捨てるという手段を選ばず簡単に手放せるというメリットがあることから発達したもので、環境のことを考えている人は少ないと思いますが、このリユースはリサイクル、リデュースと同時に実行することで環境保護の効果が期待できます。しっかりとした環境保護を目的とする社会の動きを作るためには、国レベルでリユースの流れを生む必要があります。

しかし、リユースは産業が発達した現代の日本では難しいという一面もあります。原因の1つには製品技術が向上し、複雑な構造を呈することになったことで消費者が修理、修繕しにくくなったことがあげられます。また、メーカーに修理を依頼すると多額の費用がかかるため、新品を購入した方がいいという風潮もあるため、リユースはしにくいのです。

    Copyright(C) リサイクルの諸事情 All Rights Reserved.