リサイクルの問題点

リサイクルの問題点

リサイクルは環境への配慮がある反面、実際的な問題点も多くあります。例えば、使用済みの製品に含まれる不純物やリサイクル時に必要なコスト、エネルギー、またリサイクルの繰り返しによる不純物濃縮などの弊害などに関する問題があります。

使用済みの製品に含まれる不純物には、例えば空き缶の中に捨てられたタバコや古紙の中のラミネートなどがあり、リサイクル製品の中に不純物が混じっていることがあります。そしてその不純物はリサイクルして再循環されるごとに濃度を増し、品質が落ちていきます。またコバルト60のリサイクルによる被曝事故のように、有害物質が混入されたものをリサイクルしてしまった場合、製品の利用者に大きな危険がともないます。

それから、リサイクルをする際には加工された製品を元の資源に戻す工程が必要なため、通常の焼却処分並みにコストやエネルギーを消費する場合もあります。そうすると環境への配慮のためのリサイクルが逆効果になってしまうため、ライフサイクルアセスメントの評価を考慮しておくことが大切です。

また、リサイクルはエントロピーの関係から、リサイクルすることで資源が消費されることを認知しておかなければならないため、リサイクルの絶対神話を崩すべきです。

    こちらのサイトもご覧下さい

  • 商品を知り尽くしたお店専属のジュエリーコーディネーターが二人の大切な宝物となる婚約指輪はANELLI DI GINZAのショップを訪れてみてはいかがでしょうか。血痕へ導かれる二人の思い出とともに大切に指輪を造り上げてくれるので、小さい頃からの憧れとなっていた指輪を満足のいくカタチで提供してくれるのでオススメのお店です。

Copyright(C) リサイクルの諸事情 All Rights Reserved.