紙のリサイクル

紙のリサイクル

紙は古紙としてさまざまな製品に再利用されます。代表的なものにトイレットペーパー、ダンボール、白板紙などがあります。トイレットペーパーとダンボールはわたしたちの生活において大量に消費するものであるので、非常にリサイクルの効果が高い製品といえます。近年のリサイクル原料を使ったトイレットペーパー、ダンボールはもちろん、新聞や雑誌などの紙製品に「再生紙使用」の表記が書かれているものが多くなりました。これは環境への配慮のアピールなのか、低品質のおそれがあるという注意書きなのか、安値を表しているのかはわかりませんが、近年では特に環境保護への意識が強くなっていると感じます。

リサイクルされた紙の品質が落ちている場合、カスケード利用の分類になりますが、牛乳パックはリサイクル素材0パーセントのバージンパルプ製の製品が流通し、素材の品質が高いものであるので、リサイクル時はカスケード利用としてトイレットペーパーや板紙などに素材を有効的に利用されます。

近年では、用途重視によりリサイクルが不可能な紙を使った紙製品が出てきていることが問題になっています。環境保護への意識が強い製品が出ている反面、環境保護への意識が低い製品も多く出ているのです。

    Copyright(C) リサイクルの諸事情 All Rights Reserved.