ライフサイクルアセスメント

ライフサイクルアセスメント

ライフサイクルアセスメントは製品やサービスなどの環境への影響を評価する手続きのことです。「環境アセスメント」という環境評価手続きでは、大規模開発の環境への影響を評価することに比べて、ライフサイクルアセスメントは小規模の製造、輸送、販売、使用、廃棄、再利用においての環境への影響を評価し、対応策を案出することを目的としています。また、環境への影響が少ない製品の設計を「環境配慮設計」といい、循環型社会の形成のために、既存の製品よりも環境への影響が少ないものを新製品として製作するためのものでもあります。

ライフサイクルアセスメントは「目的・評価範囲の設定」、「インベントリ分析」、「影響評価」、「解釈」によって構成されるとISO14040/44で規定されており、「目的・評価範囲の設定」では、評価するプロセスと範囲、機能単位、環境負荷を設定し、「インベントリ分析」では、目的と範囲を設定された製品にどれだけの資源が投入され、環境へ影響する排出物がどれだけできたかの分析をし、「影響評価」では、大気汚染物質などの環境への負担になるものを特性化(換算)し、「解釈」では上記の情報の解釈が行われ、その製品の環境への負担が明らかになります。

    Copyright(C) リサイクルの諸事情 All Rights Reserved.