リサイクルの諸事情 TOP

このサイトについて

サンプルイメージ

リサイクルとは、製品として使用されたものを加工し、新たな資源として原料化して再利用することです。リサイクルは再循環を意味する言葉で、同じ製品に再利用できない場合でも別の資源に利用する場合、リサイクルといえます。学校でも習う通り、リデュース(減量)、リユース(再使用)と並んで3Rと呼ばれます。

リサイクルの種類は主に「マテリアル・ケミカルリサイクル」と「サーマルリサイクル」に分かれます。マテリアル・ケミカルリサイクルは、素材の再利用であり、サーマルリサイクルは熱エネルギーの再利用です。主に素材の再利用のマテリアル・ケミカルリサイクルがリサイクルとしての認識が一般的に強く、サーマルリサイクルはリサイクルができない廃棄物に対して適用されます。

現代ではリサイクルは国民に対してのアピール(ポピュリズム)としてしか機能しておらず、実際にリサイクルを行っても赤字になるため、実はあまり行われていません。リサイクルは一般的には環境にいいもの、エコであるものというイメージがあるものの、リサイクルの種類によってはそうでない場合があり、環境を破壊するリサイクルも中にはあるため、注意が必要です。行っても赤字になる上、環境にもやさしくないリサイクルはまさしく何のために存在しているのか不思議なところです。

    リサイクル

    おすすめ最新情報

    明瞭会計をモットーにわかりやすい価格設定で提示してもらえるので安心して相談にいける相続手続き 代行専門の先生の行政書士事務所を探しているなら相続・遺言の手続きだけではなく税理士・弁護士・司法書士などの専門科の先生とも連携を取って、総合的に相談者の助けになれるような体制をしっかり作っているところなのでお勧めです。
    Copyright(C) リサイクルの諸事情 All Rights Reserved.